• EC

楽天RMSでは実装時タグの制限が非常に多い!

こんにちは!(=゚ω゚)ノ
Marutto-web-studioの渡部(@mako_maco2)です!

最近web制作会社からEC系に転職した友人に相談されました
始めて楽天RMSに触れたら戸惑うあるあるをご紹介いたします!

そもそもRMSとは何?

web制作会社で主に制作するようなコーポレートサイトとは違い、楽天市場、yahooショッピング等のネットショップでは
それぞれ独自の管理システムを使用しています。

楽天市場ではRMS(Rakuten Merchant Server)

yahooショッピングではストアクリエイターPRO

上記のCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)はHTMLコードの知識がない人でもそれなりにサイトを構築できる利点があるのですが、逆にコーポレートサイト等で通常通りにコーディングをしてきた方にとっては、正直戸惑ってしまう仕様になっています;

というのもRMS上でサイトを構築しようとすると制限がとんでもなく多いのです!(; ・`д・´)

使用できるタグが少ない!

もうタイトル通りでそもそも仕様できるタグが少ないんです;
楽天RMSでは基本的に<table>タグでのレイアウトが非常に多いです。
EC以外のコーディングで<table>を使う事って本当に表以外に余りないと思うので違和感があると思います。

<div>や<h1>ですら無理なので(項目によって異なります)
これだけでどれ程なのか、HTMLの知識がある方は分かるかもしれません(-_-;)

文字数制限がある!

仕様できるタグが制限できるだけでは飽き足らず、「文字数制限」まであります!

例)‥「PC用販売説明文」では <5120文字(半角10240文字)以内>

こちらも項目によって文字数の増減はありますが、基本的にすべての項目に文字数制限があります。

コーディングする方は不要なソースは書かない様にするとは勿論思いますが、絶対的に記述量が減らせない場合ってありますよね
最近自分であったケースでは、一つの商品で型番が物凄く多くある場合などありました。
えぇ、見事に文字数制限軽く超えました(´;ω;`)

「不要な改行」「alt」「半角」等をすべて削除しても収まらない場合はこのやり方では絶対通りません(笑)

解決策

上記2つの問題を解決させるには<iframe>タグを使うか、楽天GOLD(FFFTP等でアップロードします)で実装するしかありません。

楽天GOLDとは

楽天市場に出店すると利用できる無料サーバースペースのことです。楽天RMSではページデザインに文字数制限がありますが、楽天GOLD文字数制限もなくHTMLファイルや画像などのファイルをアップロードし、自由なデザインが可能です。

<iframe>タグというのは

iframeを簡単に言うと、HTML文書の中に別のHTML文書を埋め込むもので、ウェブサイト上にドキュメントを埋め込むようなものです。 つまり、iframeを使用すると、ウェブページ上に、別のソースからのコンテンツをパーツとして挿入することができます。

こちらのタグも<table>タグと同じでEC以外ではあまり使う事はないと思います。
(地図や、youtube等を埋め込む時に使う程度?)

しかしここでまた問題がありまして・・・

<iframe>を基本的に禁止タグです!!

そうなんです、普通に記述するだけではNGで弾かれてしまうんです;本当に困ったもの;

そこで楽天RMSには「禁止タグ突破裏技の実装コード」というものが多々あるのです!

<iframe id=”〇〇” frameborder=”0″ scrolling=”no” src=”https://www.rakuten.ne.jp/gold/○○○/iframe/○○○.html ” width=”〇〇” height=”〇〇” frameborder=”0″ =””></iframe =””>

上記の記述でRMS内でも<iframe>タグを使用する事が可能になり、先程の「仕様タグ制限」「文字数制限」の問題をクリアする事が出来ます!

まとめ

このようにECにはECのやり方というものが存在する為、コーディングスキルがものすごく高い方でも、戸惑ってしまう場面が多々あります(。-`ω-)

「実装するより、制作する方が簡単じゃん!」って感じてしまう事も(笑)

今回の禁止タグ突破以外にも裏技コード含め、ECあるあるはたくさんありますので、徐々にご紹介していければと思います!!

ご覧いただきありがとうございます<m(__)m>

 

関連記事

  1. yahooストアクリエイターPro/画像登録の注意点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!